Tenjin Apichatpong Project (TAP タップ)とは
2013年(第24回)福岡アジア文化賞を受賞されたタイの映画作家アピチャッポン監督と福岡の映画人との中長期的な交流プロジェクトです。

九州最大の繁華街「天神」をテーマに『短編作品』を福岡の映像クリエイターとの共同制作ワークショップで制作します。

NEWS

2016.1.30「トロピカル・マラディ」上映会を開催しました。
      ワークショップ開催情報を追加しました。

2015.10.20

 ワークショップ参加者の募集受付を開始しました。

  ※応募締切は2015年11月30日までで終了致しました

 写真・映像作品の募集受付を開始しました。

  ※応募締切は2016年4月1日まで募集中 ※延長しました


カンヌ映画祭にて(2010年 フランス)


【タイ/映画、美術】 映画作家・アーティスト
 1970年07月16日生
 代表作『ブンミおじさんの森』
 カンヌ映画祭最高賞(パルム・ドール)

アピチャッポン・ウィーラセタクン氏は、制作・監督のみならず脚本・編集までを自ら行う気鋭の映画作家として、世界の映画界に大きな旋風を巻き起こしている。鬱蒼たる森を舞台に据え、民話や伝説に基づく物語のなかに個人的な記憶や前世のエピソード、時事問題に対する言及などを挿入する斬新な映像話法を用いた作品群は、国際的に高く評価されている。

ワークショップ
参加者募集

締切 11月末日

※募集は締切ました。

どなたでもこのプロジェクトに応募して、アピチャッポン・ウィーラセタクン氏との映像作品制作に関わる事が可能です。参加方法は下記の通り2つの方法があります。

2016年4月に開催される3日間程度の宿泊・滞在型ワークショップに参加する。
3日間程度のワークショップに参加可能な福岡市出身・在住経験がある方で映像制作経験のある方を対象に、ご応募頂きました方の中から選出された数名の方が、TAP開催イベント・ワークショップへご参加頂けます。

ワークショップ参加の詳細 及び エントリーは コチラ >



写真・映像素材募集

締切 1月30日

締切 4月1日

※延長しました

ワークショップ作品に使用される写真素材・映像素材を応募する。
アピチャッポン・ウィーラセタクン氏をお迎えして、福岡の映像制作者、ワークショップ参加者と共同で「天神」を題材とした短編映像作品を制作します。
そこで天神に縁ある地域の映像や、イメージとなる写真・映像素材を応募することが可能です。

写真・映像素材応募の詳細 及び エントリーは コチラ >


上映イベント


※終了しました

2016年1月30日(土)13:00~17:00に福岡市総合図書館 映像ホール・シネラにおいて福岡初上映となるアピチャッポン監督作品「トロピカル・マラディ」の上映会を行ないます。
上映後、福岡の映画人によるトークショ-を開催致します。

上映イベントの詳細は コチラ >


ワークショップ開催

4/15(金)~17(日)の3日間,あじびホールで開催

4月16日
13:00~17:00

ワークショップ見学

ワークショップ風景を見学できる。
アピチャッポン監督に会えるチャンス。
4月17日
15:00~17:00

完成作品上映・トークショー

完成作品のお披露目。どんな「天神」がみられるか?!